昭和38年の豪雪

災害年月日
1963年01月00日
市町村
高知県梼原町
災害種類
雪害  
概要
昭和38年(1963)1月、豪雪。前年12月29日に降り出した雪は、元旦は止んだものの、2日には再び降り始めて、2月4日までに降雪がなかったのは5日間だけであった。町内の積雪は梼原小中学校グランドで3m71cm、田野々で7m43cm、六丁で9m53cm、上組で11m14cmを記録した。村長からの陳情に応じて県知事が自衛隊出動要請を行い、29日に自衛隊が梼原に到着し、除雪作業を行った。被害は家屋の全半壊70余棟、植林被害約1億円に村民の損失した労働力を合わせると2億7千万円を超える損害となった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高幡消防組合編集委員会編「高幡消防 25年の歩み」(高幡消防組合消防本部、1997年)、252-253頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
豪雪 自衛隊出動
NO.
高知4185

よく似た災害

昭和46年の尾合谷末美谷火災

昭和46年(1971)4月13日正午頃、尾合谷林道付近の開墾地で火事が発生した。大野原消防団は近郊市町の応援を得て消火活動を行ったが鎮火せず、午後5時... 続きを読む

昭和38年の豪雪

昭和38年(1963)、前年の大晦日から雪が降り始め、1月25日頃には平坦地で1.7mを超す積雪となり、交通は全面的に麻痺状態となった。町内の小・中・... 続きを読む

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)1月12日、桜島噴火により、大音響が梼原に届く。翌日より降灰。一時戦火のデマ。 続きを読む

昭和38年の大雪

昭和38年(1963)1月1日から降り始めた雪は、1月15日頃には大雪となり、さらに2月4日まで降った。村では豪雪対策協議会を作って陳情し、1月28日... 続きを読む

昭和38年の大雪

昭和38年(1963)1月~2月、低温、大雪により、梼原豪雨となり、自衛隊出動救援。(高知新聞による)(津野山地域災害異常略年譜)/「梼原町史」による... 続きを読む