宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、阿波も大いに震い、海潮により家は流れ、人は溺れ、田んぼは損壊し、堤塘、石壁は崩壊した。地震により、徳島士屋敷230軒、民屋400軒が潰れたが潮入はなかった。奥浦は無事であったが、橘は半ば亡失、由岐は溺死が多く、浅川では多くの家が流失、鞆は小破、宍喰は家屋の流失、溺死人は少なかった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
川内村編「川内村史」(川内村、1937年)、1272頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 死者
NO.
徳島57

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日の大地震で、撫養地方は大いに震い、徳長から鯛の浜まで約2里の間、大地が2尺程割れ、人家に洞穴があき、死人が多く出た... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日午前11時、大地震により、弱い家や土蔵は崩れ、強い家や土蔵の壁は落ち、鴨居は離れて、人々は愛宕山に逃げ上った。地は裂け、... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日午後0時30分、M8.4のわが国最大級の地震が紀伊半島沖で起きた。津波により、宍喰では家屋や蔵、漁具などが流され、男女1... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)、大地震により、海部郡では津波が2丈4尺に達し大荒れであったが、平島村でも海岸沿いでは多少の被害が免れなかったのではと思う。 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、大地震により津波が起こり、須崎で400余人が溺死した。この惨禍を後世の教訓として碑に残したのが「宝永津浪溺死之塚」であ... 続きを読む