安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県鳴門市
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日、5日の大地震で、撫養地方は大いに震い、徳長から鯛の浜まで約2里の間、大地が2尺程割れ、人家に洞穴があき、死人が多く出た。また、津波が1丈4、5尺の高さで撫養に襲来したため、人家、塩田の多くが浸水し、多くの船が破損、流失した。被害が最も大きかったのは岡崎で、潰家、焼失が多かった。岡崎だけで20人の流死があり、高島では溺死者が1人であった。
地理院地図
Googleマップ
備考
原資料では11月14、5日となっているが、11月4、5日に修正した。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鳴門市史編纂委員会編「鳴門市史 上巻」(鳴門市、1976年)、723-724頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 津波 撫養 死者 岡崎
NO.
徳島63

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日の大地震により、津波が1丈4、5尺の高さで撫養に襲来し、藍田や人家に浸水し、多くの船が破損した。被害の最も多かった... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日午前11時大地震が起こり、津波が7、8度押しよせたが人家までは来なかった。翌5日午後5時頃、未曾有の大地震が発生し、山崩... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月4日、東海・東山・南海の諸道で大地震があり、津波も大きかった。倒壊・流失家屋は8,300戸、焼失300戸、死者1,000人を... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝辰の下刻(午前9時頃)、大地震あり。5日午前3時頃、大地震となり、その後も大震が続いた。加えて沿岸地方では大津波の襲来... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝辰の下刻(午前9時頃)、大地震あり。5日午前3時頃、大地震となり、その後も大震が続いた。加えて沿岸地方では大津波の襲来... 続きを読む