安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県鳴門市
災害種類
地震・津波  火災  
概要
安政元年(1854)11月4日、5日の大地震により、津波が1丈4、5尺の高さで撫養に襲来し、藍田や人家に浸水し、多くの船が破損した。被害の最も多かったのは岡崎で、家が潰れたり焼けたりした。人々は近くの山々へ避難したが、岡崎では20人の流死者が、高島では子供1人の溺死者が出た。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
鳴門市教組教育会編「鳴門市の姿」(徳島新聞社、1950年)、22頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 津波 岡崎 火災 死者
NO.
徳島66

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日の大地震で、撫養地方は大いに震い、徳長から鯛の浜まで約2里の間、大地が2尺程割れ、人家に洞穴があき、死人が多く出た... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日巳の上刻(午前10時過ぎ)地震が起こったので、人々は戸外に走り出て、注意深い人は火の片付けをしたりしたが、煙草を5、6服... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日、5日の大地震により、鯛浜村では180軒のうち75軒が潰家となった。鯛浜村では地割れの裂け目に2匹の馬が入り込み、人々が... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、地震が始まった。11月5日には徳島で約1,000戸が焼失して、約200人が死に、小松島でも大火があり、海部地方に津波害... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日朝方、東海道沖で強震があり、土佐でも震動を感じ、鈴浪があった。翌5日午後4時過ぎに南海道沖で大地震が起こり、大津波が来襲... 続きを読む