昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県鳴門市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により、市内各所で家屋の倒壊・半壊、藍田の陥没、田畑の浸水等の被害があった。最も被害が大きかったのは撫養町岡崎・弁財天方面で、倒壊家屋22戸、圧死者8人を出した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
鳴門市教組教育会編「鳴門市の姿」(徳島新聞社、1950年)、22頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 岡崎 弁財天 死者
NO.
徳島67

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、南海道沖でM8.1の地震が発生し、津波が襲来した。被害は中部日本以西の全県下にわたったが、特に県下の被害... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、南海道沖でM8.1の地震が発生し、津波が襲来した。被害は中部日本以西の全県下にわたったが、特に県下の被害... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、三豊郡では沈下が約37~38cmとなり、沈下被害は大川郡と並んで最も被害が大きかった。中でも詫間町... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日早朝、潮岬南南西約50kmでM8.0の大地震が起こった。中部地方以西に大きな被害をもたらし、死者1,300人余り、全... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、大地震が起こった。安政地震以来92年目の大地震と言われた。高知県の被害は1月15日現在で死者670人... 続きを読む