万治2年の風雨

災害年月日
1659年11月04日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
万治2年(1659)9月20日、大風雨により、岩崎堤防が決壊して中村町の人家はほとんど流失し、家財道具が安並の石見寺山麓まで流れた。八面宮と天神社の下に池ができたのもこの時である。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中村町役場編「中村町史」(中村町役場、1950年)、208頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 岩崎堤防決壊 洪水 安並
NO.
高知4388

よく似た災害

万治3年の風雨

万治3年(1660)9月20日、風雨。御家年代略記には「国中大風雨、死傷多し」と記されている。中村町史には「大暴雨、岩崎堤防決壊し人家殆んど流失、家財... 続きを読む

万治3年の風雨

万治3年(1660)9月20日、国中大風雨、死傷多し。中村では安並の石見寺山麓まで潮入る。 続きを読む

万治3年の風雨

万治3年(1660)10月24日、国中暴風雨、死傷多し。(「御家年代略記」による)/岩崎堤防決潰し中村町の家ほとんど流失、家財道具は安並の石見寺山麓ま... 続きを読む

万治3年の風雨

万治3年(1660)10月24日、風雨、国中暴風雨死傷多し。(「御家年代記」による)/岩崎堤防決壊し、中村町の家はほとんど流失、家財道具は安並石見寺山... 続きを読む

万治2年の風雨

万治2年(1659)、大風雨のため、岩崎堤防決壊、八面宮池となり、天神宮にも池を生ず。中村町は流失し、安並、石見寺下に家財道具類流れたり。(「中村町風... 続きを読む