明治19年の台風

災害年月日
1886年08月20日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)8月20日午後7時頃から東北の暴風雨となり、翌21日にますます猛烈となり、正午頃から河水が増加して午後2時頃には市街地に浸水してきた。午後5時頃、四万十川の水位は平水より2丈9尺5寸で、明治3年9月8日の洪水と比べて8尺3寸、嘉永2年7月9日の洪水より4尺5寸ばかり高かった。不破では住家5、6軒、角崎では住家1軒、その他雪隠、厩など多数流失し、市街の浸水は一番土地の高い京町筋でも座丈1尺以上、本町筋、下町方面では3尺~4尺であったので、その他の低地は5、6尺に及んだという。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中村町役場編「中村町史」(中村町役場、1950年)、210-212頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 四万十川 洪水 不破 角崎
NO.
高知4399

よく似た災害

明治44年の台風

明治44年(1911)8月14日午後10時より暴風雨となり、翌15日にはますます猛烈となり、午後11時に浸水は全町に及んだ。家屋の流失・全壊24戸、破... 続きを読む

明治19年8月の洪水

明治19年(1886)8月20日午後7時頃から東北風の暴風雨となり、21日にはますます猛烈となり、正午頃から水量増加、午後2時頃家屋浸水、家具、木材、... 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月14日午後10時より暴風雨となり、翌15日にはますます猛烈となり、午後11時満水し、浸水は全町に及んだ。家屋の流失全壊24戸... 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月14日午後10時より暴風雨となり、翌15日にはますます猛烈となり、午後11時全町に浸水した。家屋の流失全壊24戸、破損約1,... 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月14日午後10時より暴風雨となり、翌15日にはますます猛烈となり、午後11時全町に浸水した。家屋の流失全壊24戸、破損約1,... 続きを読む