昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県松茂町
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、潮岬の南約50kmを震源とするM8.1の巨大地震が発生し、徳島県沿岸部で震度5を記録した。松茂では、激しい水平移動が続き、ゴーッという不気味な音とともに家が倒れ、屋根瓦が落ち、壁が崩れた。第一震がおさまった後も余震が頻発し、道路、堤防に亀裂が生じ、地盤が沈下した。また、津波により海水が川を逆流して大きな水害をもたらした。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
松茂町歴史民俗資料館編「水とたたかう松茂の人々 改訂増補版」(松茂町歴史民俗資料館、2004年)、22頁及び25頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 地盤沈下 津波
NO.
徳島75

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、潮岬の南約50kmを震源とするM8.1の巨大地震が発生し、徳島県沿岸部で震度5を記録した。松茂では、激しい水平移動... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により大谷池の堤防に亀裂が入り、大修理をした。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分頃、南海大地震が発生した。県内の被害は死者52人、負傷者210人、家屋の全壊608戸、半壊2,409戸で、... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、M8.0、震度6の烈震が高知市を襲った。高知市内では前年の大空襲の戦災を免れた東部方面で家屋の倒壊が... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海大地震が発生した。土佐山田町でも道路に亀裂、家屋に損壊が各地で起こり、泉や井戸水の水涸れ等の減少... 続きを読む