明治19年の洪水

災害年月日
1886年08月20日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)8月20日、台風が宮崎に上陸し、北九州から北東進した。19時頃から北東の暴風雨となり、21日はまずます猛烈となり、12時頃から河水増加し、14時市街地浸水、風雨は18時頃衰えた。洪水は19時頃より減水をはじめた。最高水位は17時に平水より29.5尺も高く、嘉永2年7月9日洪水より4.5尺、明治3年9月8日洪水より8.3尺も高かった。この時、太平寺の石段が18段浸水したと記録されている。(「高知県災異誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考画像
参考文献
山本恒男編「渡川下流域における地形と洪水について」(山本恒男、1975年)、18-19頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 四万十川 洪水 太平寺 高知県災異誌
NO.
高知4438

よく似た災害

明治19年8月の洪水

明治19年(1886)8月20日午後7時頃から東北風の暴風雨となり、21日にはますます猛烈となり、正午頃から水量増加、午後2時頃家屋浸水、家具、木材、... 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月8日14時、台風が鹿児島に上陸し、9日6時に佐田岬を通り北上した。4日に降り始めた雨は6日午前1時頃から暴風雨となり、11時... 続きを読む

明治19年8月の台風

明治19年(1886)8月20日、台風。綜合渡川史によると、19時頃から北東の暴風雨、21日ますます猛烈となり、12時頃より河水増加し、14時市街地浸... 続きを読む

明治32年7月の洪水

明治32年(1899)7月4日より7日まで降雨、6日午前1時より東風起こり、次第に暴風雨となり、9日午前4時頃から風勢やや衰え、8時頃東南風に変じ、1... 続きを読む

明治19年8月の台風

image

明治19年(1886)8月20日、台風が宮崎に上陸し、北九州から北東進した。綜合渡川史には「19時頃から北東の暴風雨、21日益々猛烈、12時頃より河水... 続きを読む