昭和18年の洪水

災害年月日
1943年07月24日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月24日、台風が豊後水道を北上した。雨は20日からかなり激しく降り始め、台風通過後ようやくおさまったが、31日まで続いた。この間の雨量は最多地の東津野では約1,200ミリに達するが、そのほとんどはこの台風による雨で、渡川水位は9.45mに達した。(「高知県災異誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
山本恒男編「渡川下流域における地形と洪水について」(山本恒男、1975年)、20-21頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 洪水 四万十川 高知県災異誌
NO.
高知4441

よく似た災害

昭和18年7月の台風

昭和18年(1943)7月21日~24日、台風により、梼原の降雨量は894ミリ。降雨量は最多地の東津野で1,300ミリに達した。 続きを読む

昭和54年の台風20号

昭和54年(1979)10月19日、台風20号により、時間雨量50ミリ、日雨量225ミリに達する。(「愛媛県史概説下巻」による) 続きを読む

昭和28年のテス台風

昭和28年(1953)9月24日~25日、台風13号(テス台風)に伴い、雨量は300ミリに達し、吉野川の水位は警戒水位を突破するほどであった。川島商店... 続きを読む

昭和35年の台風16号

昭和35年(1960)8月29日14時頃、台風16号が土佐市宇佐付近に上陸し、北進した。宇佐港では平常より水位が2m高くなり、堤防が決壊した。28~2... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、台風が鹿児島県枕崎に上陸し、米子に抜けた。16日~17日の雨量は最多の東津野で680ミリ、梼原406ミリ、大正435... 続きを読む