昭和29年の洪水

災害年月日
1954年09月14日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
昭和29年(1954)9月13日午後、台風により暴風雨となった。雨量は県境山地で多く、東津野では600ミリを越え、渡川は洪水となった。具同での水位は21年以来のものとなり、14日6時に8.9m、流量9,177m/秒を記録した。直轄区域内の被害は家屋の全壊6戸、半壊16戸、床上浸水320戸、床下浸水496戸、耕地の流失・埋没8町歩、浸水1,600町歩、河川災害5,434万円に達した。(「河川総覧各論 渡川水系」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
山本恒男編「渡川下流域における地形と洪水について」(山本恒男、1975年)、21頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 洪水 四万十川
NO.
高知4443

よく似た災害

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日、ルース台風が襲来した。小松島市の被害は、家屋の全壊1戸、半壊22戸、大破9戸、床上浸水200戸、床下浸水352戸、... 続きを読む

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日、台風により、雨量257ミリを記録。県下の被害は家屋の全壊24戸、半壊129戸、道路100箇所、堤防23箇所、田浸水4... 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月、台風9号が来襲し、明治23年(1890)以来の水害となった。市街地の大半が浸水し、被害は家屋の流出8戸、床上浸水824戸、... 続きを読む

昭和21年の洪水

昭和21年(1946)7月29日、台風が四国西南部に達し、瀬戸内海を経て30日に日本海に出た。雨は28日20時頃より降り始め、29日8時頃より暴風雨と... 続きを読む

昭和28年の宮川内谷川の洪水

昭和28年(1953)9月25日、宮川内谷川が氾濫し、戦後最大の被害を与えた。被害は板西町で半壊家屋2戸、床上浸水25戸、栄村で全壊家屋1戸、流失家屋... 続きを読む