寛文6年の洪水

災害年月日
1666年08月06日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
寛文6年(1666)7月6日、大洪水。男女151人死、81,300石余損毛。/「大海集」に曰く。寛文丙牛七月七、八両日大風雨、大川筋小谷つつぬけ(山崩)埋まり、大川筋家皆々流失、人馬流死致す。中村下も町大堤防(岩崎堤防)切れ、家一軒も残らず、町は川原に成る。死人夥敷事也云々。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
中村市社会教育研究同好会編「私達の郷土 中村市(地誌編)」(中村市社会教育研究同好会、発行年不明)、112頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 四万十川 山崩れ 岩崎堤防決壊 死者
NO.
高知4474

よく似た災害

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)7月6日、大洪水、国中大損毛、男女151人死、81,300石余損毛。/「大海集」には「寛文六丙午七月七、八日両日大風水、大川筋小谷... 続きを読む

寛文6年の台風

寛文6年(1666)7月7日、8日、四万十川では水害、山崩れが起こった。「中村町風水害史」には「寛文六年(一六六六年)七月七、八両日大風水、大川筋小谷... 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)、大川筋皆々流失、人牛馬流死、中村大堤(岩崎堤防)切れ、家一軒不残町は川原となる。(「大海集」による) 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)、洪水、田畑3万石水害を被り、男10人、女27人、牛馬579匹溺死、民屋2,037軒、舟17隻流亡。(「徳川実紀」による)/大風雨... 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)7月7日、8日、大風水により、中村下の町大堤切れ、家一軒も残らず、町は川原となり、死人夥しかった。(「大海集」による) 続きを読む