明治19年9月10日の洪水

災害年月日
1886年09月10日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)9月10日、台風により、右山堤が決壊し、中村の町は大部分が浸水した。この時の右山の水位は、太平寺の石段の18段目まで上ったという。また、後川の増水も激しく、蕨岡の出合(後川と内川川との合流点)の家はほとんど流失した。この時、家もろとも濁流に流された出合の親子2人が、海に流される手前で佐岡の人に船で救助された話が記されている。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
参考文献
森栄著「渡川災害史と治水運動」(森栄、1987年)、50-58頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 四万十川 右山堤防決壊 太平寺 後川
NO.
高知4503

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、東海南海道沖大地震により、五畿七道に大被害。津波により甲浦港の漁船が舟越に打ち上がり、港の御殿橋が流失した。白浜はほと... 続きを読む

万治2年の洪水

万治2年(1659)9月20日、大風雨、洪水により、掻き寄せ堤のあった岩崎堤防が決壊して、中村町の人家はほとんど流失したという。 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日午前9時頃、大地震があったが異変はなく、翌5日夕方に大震動とともに、家は壊れ、山が崩れた。震動が止むと、海岸地帯では津波... 続きを読む

万治3年の風雨

万治3年(1660)10月24日、風雨、国中暴風雨死傷多し。(「御家年代記」による)/岩崎堤防決壊し、中村町の家はほとんど流失、家財道具は安並石見寺山... 続きを読む

万治2年の風雨

万治2年(1659)9月20日、大風雨により、岩崎堤防が決壊して中村町の人家はほとんど流失し、家財道具が安並の石見寺山麓まで流れた。八面宮と天神社の下... 続きを読む