昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県海岸地域
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海道沖大地震(M8.1)が発生した。津波は高知県の沿岸で4~6mに達し、津波の被害は地震による被害よりも大きかった。県下の被害は流失家屋566戸、浸水家屋5,608戸、浸水田畑3,030町歩、流失船舶816隻、死者679人、傷者1,836人であった。被害状況写真が掲載されている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
建設省四国地方建設局高知工事事務所編「高知海岸直轄事業25年のあゆみ」(建設省四国地方建設局高知工事事務所、1994年)、21頁及び23頁
情報源の種類
事業誌
キーワード
昭和南海地震 津波 死者 写真
NO.
高知4560

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道沖大地震(M8.1)が発生した。津波は高知県の沿岸で4~6mに達し、津波の被害は地震による被害よりも大きかっ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海地震が起こった。津波の被害は地震そのものの被害よりも大きかった。波高は高知県の沿岸で4~6mに達した... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日早暁、地震が発生し、その後の津波の襲来により、被害は県下全域に及んだ。高知市では特に地震による地盤沈下のために浸水家... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震により、幡多郡では東部海岸佐賀付近で23cm、西部海岸宿毛で11cm、南部清水で29cmの沈下が認められて... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、南海道沖でM8.1の地震が発生し、津波が襲来した。被害は中部日本以西の全県下にわたったが、特に県下の被害... 続きを読む