寛文6年の洪水

災害年月日
1666年08月03日
市町村
高知県仁淀川流域
災害種類
風水害  
概要
寛文6年(1666)7月3日、仁淀川は江戸時代前期最大の洪水に見舞われた。「寛文雑記」 には「寛文六年丙午ノ七月三日晩より雨降り四日の晩六ツ過ぎ大水出る也。小同寺の座より上へ壱尺三寸上る。但し御宮へは石さしより上へ壱尺許り上る。当寺の石さしへ上れば門はたたけず、日下村の立毛少しもなし、皆毛捨てに成る」と記され、日下村(現日高村)では収穫皆無となり、年貢免除になったことを伝えている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局高知工事事務所編「語り継ぐ仁淀川50年災害」(四国建設弘済会、1986年)、72頁及び76頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
洪水 仁淀川 寛文雑記 日下村 年貢免除
NO.
高知4631

よく似た災害

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)7月3日晩より雨が降り、4日晩6ツ(午後6時)過ぎ、大水出る。日下村の立毛少しもなく、皆毛捨て(年貢免除)になる。(「寛文雑記」に... 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)7月3日、大水、日下村の立毛少しもなし、皆毛捨て(年貢負除)に成る。(仁淀川の主な洪水の歴史による) 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)7月3日晩から雨が降り、4日晩6ツ過ぎに大水となり、小村寺の床より1尺3寸上がった。日下村では収穫皆無となり、稗がたくさん茂り、そ... 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)7月、大出水により、小村神社の石巻上30cm浸水した。日下田丁に立毛なく、収穫皆無となる。(植田文書-寛文雑記) 続きを読む

寛文10年の洪水

寛文10年(1670)、洪水により、関屋川が石経村字佃の立石で決壊し、田地4町歩余に砂が入った。 続きを読む