文化9年の洪水

災害年月日
1812年08月27日
市町村
高知県土佐市
災害種類
風水害  
概要
文化9年(1812)7月21日、仁淀川の洪水により高岡、中島、塚地辺りでは流失の家のあったようである。高岡の商人が貯えていた米も夥しく濡れたとのことである。(「燧袋」、「楠瀬大枝日記」による)/領内暴風雨、高岡、幡多二軍被害甚大。(「高知年表」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局高知工事事務所編「語り継ぐ仁淀川50年災害」(四国建設弘済会、1986年)、74頁及び77頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
洪水 仁淀川 燧袋 楠瀬大枝日記 高知年表
NO.
高知4632

よく似た災害

文化9年の洪水

文化9年(1812)7月21日、仁淀川の洪水により高岡、中島、塚地辺りでは流失の家のあったようである。高岡の商人が貯えていた米も夥しく濡れたとのことで... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)、稀有の洪水で、大きな被害のあったことは事実であるが、記録がなく詳細は不明である。田地の荒廃と堤防の決壊が主で、農作物の被害は少... 続きを読む

明治24年の火災

明治24年(1891)11月、滝ノ宮、原久保(太合)で火災が起こり、7戸を全焼し、付近の畑・山約3町歩を焼いた。大風に吹かれて、火の粉は遠く森遠の堂床... 続きを読む

文化12年の洪水

文化12年(1815)7月6日から8日まで3日3夜大風雨が続き、未曾有の大洪水となった。世に言う「亥の大変」である。物部川の両岸の堤塘はわずかに3分位... 続きを読む

文化12年の洪水

文化12年(1815)7月6日から8日まで日夜続いた大風雨のため、未曾有の大洪水となった。物部川の両岸の堤塘は3分位を残して決壊したため、下流諸村は大... 続きを読む