昭和38年の台風9号

災害年月日
1963年08月09日
市町村
高知県仁淀川流域
災害種類
風水害  
概要
昭和38年(1963)8月9日、台風9号が四国南方海を北北西に進み、仁淀川は大洪水となった。中島の水位は10.6m(警戒水位7.2m)に及んだ。死者・行方不明者は19人に達し、土佐市、日高村、伊野町等3市4町7村に災害救助法が適用された。仁淀川治水計画改定の契機となった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局高知工事事務所編「語り継ぐ仁淀川50年災害」(四国建設弘済会、1986年)、76-78頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 仁淀川 洪水 死者 災害救助法
NO.
高知4647

よく似た災害

明治44年の洪水

明治44年(1911)8月15日、仁淀川の洪水により、伊野町は湖水と化し、1,123戸が浸水した。伊野町電車終点の道路の水位は5尺となった。(「伊野史... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日午前8時50分、台風5号が宿毛市付近に上陸し、四国を横断して正午過ぎに伊予灘に抜けた。記録的な豪雨により、仁淀川中流域... 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月9日、台風9号により、警戒水位を3、4m越す大洪水となり、伊野町を含む14の市町村に災害救助法が発動された。死者・行方不明者... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日、台風が宿毛市付近に上陸した。仁淀川が氾濫するなどして、県下の死者・行方不明者は77人となった。 続きを読む

昭和20年の洪水

昭和20年(1945)9月、仁淀川の洪水により、伊野地点の流量は12,000m/秒(推定値)となった。高知県内の被害は死者・不明者17人、床上浸水2,... 続きを読む