昭和50年の台風5号

災害年月日
1975年08月17日
市町村
高知県仁淀川流域
災害種類
風水害  
概要
昭和50年(1975)8月17日午前8時50分、台風5号が宿毛市付近に上陸し、四国を横断して正午過ぎに伊予灘に抜けた。記録的な豪雨により、仁淀川中流域で総雨量は1,000ミリに達した。死者・行方不明者は土佐市で6人、伊野町で23人、日高村で24人となったが、そのほとんどが山地の土砂崩壊によるものであった。また、仁淀川では伊野地点の水位が戦後最大洪水となり、土佐市の用石堤防が破堤し、仁淀川に合流する波介川、宇治川、日下川の支川流域では内水被害に見舞われた。被災状況写真が掲載。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局高知工事事務所編「語り継ぐ仁淀川50年災害」(四国建設弘済会、1986年)、78-86頁及び112-184頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 仁淀川 土砂災害 死者 内水被害
NO.
高知4690

よく似た災害

昭和38年の洪水

昭和38年(1963)8月、仁淀川の洪水により、伊野地点の流量は13,500m/秒となった。被害は浸水面積2,187haに及んだ。 続きを読む

昭和57年の洪水

昭和57年(1982)8月、仁淀川の洪水により、伊野地点の流量は8,900/秒となった。被害は浸水面積724ha、家屋350戸に及んだ。 続きを読む

昭和46年の洪水

昭和46年(1971)8月、仁淀川の洪水により、伊野地点の流量は9,500/秒となった。いの町枝川他で浸水被害があった。 続きを読む

昭和21年の洪水

昭和21年(1946)7月、仁淀川の洪水により、伊野地点の流量は11,000m/秒(推定値)となった。被害は、いの町で流出家屋10数戸、床上浸水1,2... 続きを読む

平成9年の洪水

平成9年(1997)9月、仁淀川の洪水により、伊野地点の流量は9,300/秒となった。被害は浸水面積350haに及んだ。 続きを読む