宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
徳島県牟岐町
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、紀州沖大地震。地大いに震い五畿七道に及び、有史以来の規模となった。沿岸では大汐により多くの人畜が溺死した。 八幡神社の掛板には宝永地震の記録がある。そこには牟岐浦に勤務していた役人が、津波で人馬とも多数流死している中で、一人山に逃げて人を助けもせず帰ったのは不届きであり、永のお暇を取らせたと記されている。
地理院地図
Googleマップ
備考
八幡神社の掛板には宝永地震の記録がある。
原資料では宝永4年10月14日となっているが、10月4日に修正した。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
牟岐町史編集委員会編「牟岐町史」(牟岐町、1976年)、931-932頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 死者 八幡神社
NO.
徳島103

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、遠州灘沖から四国沖を震源として巨大地震が発生した。宝永地震による中土佐町の被害の様子を示す資料として、「谷陵記」、「久... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震が起こった。鞆浦北町の宝永地震津波の大岩碑には丈余(約3m)の津波が3回来襲したが、地震後に津波が来るという言い伝... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震が起こった。須崎市糺町の宝永津浪溺死之塚には、溺死者400人余と記されている。また、須崎八幡宮の木札には、宝永地震... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震が起こった。須崎市糺町の宝永津浪溺死之塚には、溺死者400人余と記されている。また、須崎八幡宮の木札には、宝永地震... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日に地震が、5日には大地震と大津波が起こった。田井税伯「震潮記」には、このような場合には決して船に乗ってはならない、船に乗... 続きを読む