昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県高知市(春野町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海大地震が勃発し、津波により宇佐町を中心に大きな被害が出た。当時でも主要な港湾には自記水位計が設置されていたが、津波の直撃を受けて記録をとれていなかった。幸い仁西観測所は直撃を免れて、地盤沈下量1.2mという数値が測定でき、このデータにより地震後の復旧工事が行われた。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
国土交通省四国地方整備局高知河川国道事務所編「流域史蹟ガイド-仁淀川・物部川・高知-(改訂版)」(国土交通省四国地方整備局高知河川国道事務所、2010年)、22頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
昭和南海地震 津波 仁西観測所 地盤沈下 復旧工事
NO.
高知4723

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震が勃発し、津波により宇佐町を中心に大きな被害が出た。当時でも主要な港湾には自記水位計が設置されていたが、... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震による地盤沈下は、海部郡海岸線一帯では北部で沈下量が大きく、南に向かうにしたがい漸減している。当郡一帯は地... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震により、香美郡の海岸部の地盤沈下量は30~100cm、平均35cmと観測されている。地震及び沈下被害は夜須... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日早朝、南海大地震が起こった。被害は死者212人、負傷者665人、家屋の流失・全半壊3,892戸、浸水1,315戸、道... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、愛媛県では宇摩郡と周桑郡が地盤沈下の最も大きな被害を受けている。三島町の沈下量は38cmである。三... 続きを読む