文化12年の洪水

災害年月日
1815年08月10日
市町村
高知県南国市
災害種類
風水害  
概要
文化12年(1815)7月6日から8日まで日夜続いた大風雨のため、未曾有の大洪水となった。物部川の両岸の堤塘は3分位を残して決壊したため、下流諸村は大損害をこうむった。田畑、家屋を流し、流死する者も夥しく、諸道具、飯米等も流した者も多く、浸水家屋は床上2~3尺も泥土が堆積していたという。田村村では上島よりも王子の被害が多大であった。田村堰は大破し、井口から下の立田の宮の東、楠の本井口まで大埋まりで、王子川も清元まで大埋まりとなった。(「田村誌」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省高知工事事務所編「高知工事事務所四十年史」(四国建設弘済会、1987年)、154頁及び156頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
風雨 洪水 物部川 田村堰 田村誌
NO.
高知4738

よく似た災害

文化12年の洪水

文化12年(1815)7月6日から8日まで3日3夜大風雨が続き、未曾有の大洪水となった。世に言う「亥の大変」である。物部川の両岸の堤塘はわずかに3分位... 続きを読む

文化12年の洪水

文化12年(1815)7月6日~8日の3日間昼夜続いた大風雨で大洪水が起こった。亥の大変と言われる。「田村誌」によると、物部川の堤は三分位を残して皆決... 続きを読む

文化14年の干ばつ

image

文化14年(1817)5月から7月にかけて、大干ばつとなった。二頭出水は通常は下流の三吉田村(上吉田村、下吉田村、稲木村)の水田を養っているが、大池が... 続きを読む

文化12年の洪水

文化12年(1815)、大洪水。亥の大変という。物部川両岸の堤防はほとんど切れ、田畑、家屋を流し、流死する者も多かった。 続きを読む

文化元年7月の台風

文化元年(1804)7月25日より風雨、26日午前6時頃から大風大雨となり、午後6時頃から8時頃まで大洪水となった。山路村の人家に水が上がり、庄屋宅に... 続きを読む