明治19年の台風

災害年月日
1886年09月10日
市町村
高知県物部川流域
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)9月10日、台風による洪水のため、物部川の堤防が300間と150間の2箇所決壊。物部川堤防事件の原因となった災害である。この年、8月20日、9月10日、17日、24日と4回の台風が襲来した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省高知工事事務所編「高知工事事務所四十年史」(四国建設弘済会、1987年)、156頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 洪水 堤防決壊 物部川堤防事件
NO.
高知4762

よく似た災害

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日、台風により物部川の堤防が300間と150間の2箇所にわたって決壊した。この洪水後、堤防復旧工事の費用負担をめぐって、... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)8月20日、9月10日、17日、24日と4回の台風が襲来し、物部川の堤防が300間と150間の2箇所決壊した。 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日、台風により、物部川が西岸竹ヶ端堤防で約100間(182m)、東岸仁尾島堤防で約150間(273m)が決壊、深渕村の田... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)7月8日、台風により、物部川右岸竹が鼻堤防が約100間決壊、吉川村で耕地流失30町歩。(物部川の主な洪水の歴史による) 続きを読む

明治21年の洪水

image

明治21年(1888)7月、洪水により、石井町西覚円付近の堤防が決壊した。この時の洪水で、県事務所が間借りしていた民家を含む43戸が押し流され、土木監... 続きを読む