大正4年の洪水

災害年月日
1915年06月24日
市町村
高知県物部川流域
災害種類
風水害  
概要
大正4年(1915)6月24日、梅雨による洪水のため、山田堰の右岸部損壊、堰裏から小田島堤防まで61間半壊。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省高知工事事務所編「高知工事事務所四十年史」(四国建設弘済会、1987年)、156頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 山田堰
NO.
高知4765

よく似た災害

大正4年の大雨

大正4年(1915)6月24日、大雨により物部川中上流で100ミリを越え、下流は氾濫となった。立田村誌には「大雨洪水で山田堰西部の主要部を一掃、堰裏か... 続きを読む

大正4年の洪水

image

大正4年(1915)6月19日から25日まで雨が降り止まず、24日には物部川中上流で降水量が100ミリを越えたため、洪水が山田堰西部の主要棒を一掃し、... 続きを読む

天和3年の洪水

天和3年(1683)6月20日、物部川は大洪水となり、川筋の小田島から南へ久枝の付近まで立家は全部流失した。このため、山田島は東岸の片地村林田のうち、... 続きを読む

大正7年の洪水

大正7年(1918)8月29日、台風により那賀川の水量は2丈5尺に及んだ。古毛では堤防の上から手が洗えるほどまで増水し、下の方の堤防が切れかかったので... 続きを読む

文化12年の風雨

文化12年(1815)7月6日~8日、風雨、洪水により、国中被害夥しく、死者83人、流失家屋181軒、損害数万石。(「御家年代略記」による)立田村誌に... 続きを読む