昭和10年の洪水

災害年月日
1935年06月26日
市町村
高知県物部川流域
災害種類
風水害  
概要
昭和10年(1935)6月26日~7月7日、梅雨による洪水のため、大栃の降雨量は654ミリとなり、交通途絶等が生じた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省高知工事事務所編「高知工事事務所四十年史」(四国建設弘済会、1987年)、156頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 交通途絶
NO.
高知4770

よく似た災害

昭和18年の台風

昭和18年(1943)7月24日、台風が襲来。19日~25日の大栃の降雨量は536ミリとなった。被害は不明。 続きを読む

昭和7年の秋霖

昭和7年(1932)9月2日から16日までほとんど連日の降雨となり、毎日の雨量は非常に多いという程ではなかったが、合計雨量は200~350ミリとなり、... 続きを読む

昭和7年の秋霖

昭和7年(1932)9月2日から16日までほとんど連日の降雨となり、毎日の雨量は非常に多いという程ではなかったが、合計雨量は200~350ミリとなり、... 続きを読む

昭和54年の洪水

昭和54年(1979)6月26日から30日にかけて、梅雨前線により豪雨となり、総雨量が400ミリを超えた。重信川流域の流量は出合地点で980立米/秒、... 続きを読む

昭和13年の豪雨

昭和13年(1938)7月1日~5日、梅雨による豪雨のため、大栃の2日雨量は765ミリとなった。被害は不明。 続きを読む