昭和13年の豪雨

災害年月日
1938年07月01日
市町村
高知県物部川流域
災害種類
風水害  
概要
昭和13年(1938)7月1日~5日、梅雨による豪雨のため、大栃の2日雨量は765ミリとなった。被害は不明。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省高知工事事務所編「高知工事事務所四十年史」(四国建設弘済会、1987年)、157頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
豪雨
NO.
高知4771

よく似た災害

昭和18年の台風

昭和18年(1943)7月24日、台風が襲来。19日~25日の大栃の降雨量は536ミリとなった。被害は不明。 続きを読む

昭和10年の洪水

昭和10年(1935)6月26日~7月7日、梅雨による洪水のため、大栃の降雨量は654ミリとなり、交通途絶等が生じた。 続きを読む

昭和47年の豪雨

昭和47年(1972)9月6日夜から雷を伴った激しい雨が降り始め、降り始めから9日朝までの雨量は、松茂町で469ミリ、徳島市で501ミリとなった。松茂... 続きを読む

昭和49年の豪雨

昭和49年(1974)7月16日~18日、豪雨のため、降雨量は160.2ミリとなり、被害は田畑冠水15.5ha、埋没・流失0.15ha、道路決壊11箇... 続きを読む

昭和13年8月の大雨

昭和13年(1938)8月27日~28日、熱帯低気圧により大雨となった。27日の雨量は後免で359ミリ、入河内で342ミリ、長沢で337ミリ、桑尾で3... 続きを読む