安政元年の地震

災害年月日
1854年12月00日
市町村
徳島県海陽町(海部町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月、大津波。鞆浦の路傍に鞆浦海嘯記がある。善称寺九代の住職祐深師の手記に、この頃数度の地震津波の状況が詳記されている。。
地理院地図
Googleマップ
備考
鞆浦には海嘯記碑が建てられている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
海部町史編集部編「海部町史」(海部町教育委員会、1971年)、180頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 津波 鞆浦海嘯記 祐深の手記
NO.
徳島110

よく似た災害

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月、大津波。鞆浦の路傍に鞆浦海嘯記がある。善称寺九代の住職祐深師の手記に、この頃数度の地震津波の状況が詳記されている。 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月3日・4日の地震を前触れとして、5日午後4時頃から大地震が襲来した。「塩屋記録」には地震の様子、死者を含めた被害の状況、被災... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月3日・4日の地震を前触れとして、5日午後4時頃から大地震が襲来した。「塩屋記録」には地震の様子、死者を含めた被害の状況、被災... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月3日・4日の地震を前触れとして、5日午後4時頃から大地震が襲来した。「塩屋記録」には地震の様子、死者を含めた被害の状況、被災... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)、南海地震津波が発生した。歴史津波の再現計算には、過去に存在しなかった海岸構造物等を除いた現況の地形データが用いられているが、過去... 続きを読む