昭和31年の台風15号

災害年月日
1956年09月25日
市町村
高知県物部川流域
災害種類
風水害  
概要
昭和31年(1956)9月25日、台風15号により、物部川流域の降雨量が多く、山田堰が被災。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省高知工事事務所編「高知工事事務所四十年史」(四国建設弘済会、1987年)、157頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 大雨 物部川
NO.
高知4776

よく似た災害

平成17年の台風14号

平成17年(2005)9月6日~7日、台風14号が肱川流域の西側をゆっくり通過したため、降雨継続が長く雨量が多かった。平成16年の台風16号と比較して... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日9時に、台風18号(第二室戸台風)が室戸岬西方に上陸し、北東に進路を続け、18時に能登半島東部から日本海に去った。この... 続きを読む

昭和47年の豪雨

昭和47年(1972)7月5日、梅雨前線豪雨により、深渕上流12時間雨量は349ミリ、深渕地点流量は約4,400立米/秒(戦後第2位)となった。下流部... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日、台風5号が宿毛市付近に上陸し北上したため、中西部で雨量が多く、四万十川は洪水となった。久保川のカゲヂ地区で大崩壊があ... 続きを読む

明治38年の台風

明治38年(1905)8月の台風は降雨量が多く、田畑の浸水、稲作の被害が甚だしかった。 続きを読む