昭和45年の台風10号

災害年月日
1970年08月21日
市町村
高知県南国市
災害種類
風水害  
概要
昭和45年(1970)8月21日、台風10号により、深渕の最高水位は警戒水位を0.7m上回る。南国市の被害が大きく、南国市の被害は全半壊1,339戸、一部破損、床上・床下浸水多数で、総被害額57億円に及んだ。物部川橋の橋脚の一部が沈下し国道55号が通行止めとなった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省高知工事事務所編「高知工事事務所四十年史」(四国建設弘済会、1987年)、157頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 警戒水位 物部川橋 通行止
NO.
高知4780

よく似た災害

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号により、南国市を中心に大きな被害となった。南国市のみで全半壊1,339戸、一部破損、床上・床下浸水多数、被... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号により、物部川橋の野市寄りの橋桁が約40mにわたって30~40cm陥没した。野市町の被害は、負傷者30人、... 続きを読む

昭和46年の台風23号

昭和46年(1971)8月29日、台風23号が足摺岬に再上陸して海岸沿いに東進し、南国市の高知空港付近に再々上陸した。南国市内では国分川、笠ノ川川、舟... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号が佐賀町付近に上陸し、北上したため、高知市は高潮のため久万川が決壊氾濫して大水害を受けた。国道32号は3箇... 続きを読む

昭和46年の台風23号

昭和46年(1971)8月30日~31日、台風23号が鹿児島県佐田岬に上陸、高知県南国市に再上陸、徳島県中部を通過し、大阪湾に抜けて東進した。川島町の... 続きを読む