安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県美波町(由岐町)
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月4日、5日の地震後の津波により、東由岐浦では24、5人が流されて亡くなった。東由岐「当屋帳」によると、4日午後2時頃地震があり、津波に備えて人々は裏山で一夜を過ごしたが、5日は何事もなかったので昼頃までにわが家に戻ったところ、午後4時頃大地震が起こり、その直後に大山のような津波が押し寄せて、皆急いで山へ逃げ上がった。この時、強欲な人は皆流され、欲を捨てた人は助かった。なお、阿波藩の「大地震実録記」には由岐地域の被害状況が記されている。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
由岐町史編纂委員会編「由岐町史 下巻<図説・通史編>」(由岐町、1994年)、267-269頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 津波 死者 当屋帳 大地震実録記
NO.
徳島112

よく似た災害

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日午後4時過ぎ、大激震が起こり、ついで大津波が押し寄せた。入野の加茂八幡宮の境内にある「安政津浪の碑」によると、地震により... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月5日午後4時、地震が起こり、7日に最も激しい地震があった。人々は三本松などに避難した。5日午後6時頃、津浪が押し寄せて、40... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日朝8時に地震が始まり、1時間程続き、12時頃から夕方までに海岸地帯では大津波が10度押し寄せ、4回目の波が最高の1丈5尺... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日午後4時から地震が始まり、翌5日は最も激烈で、人々は家にいたたまれず、籔に逃げるもの、庭前に小屋をかけてわらを敷いて露宿... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日辰刻(午前8時)、地震が発生したが、岸本浦の地曳網が流されたり、夜須浜で潮の変調が感じられる程度であった。翌5日七ツ時(... 続きを読む