寛文3年の洪水

災害年月日
1663年00月00日
市町村
高知県四万十川流域
災害種類
風水害  
概要
寛文3年(1663)、幡多郡内の川筋、大洪水山中10カ村、大通村(大川村か)洪水痛に付百姓共草臥申す。(野中兼山文章による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局中村工事事務所編「六十年の歩み」(四国建設弘済会、1991年)、40頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水
NO.
高知4867

よく似た災害

寛文3年の洪水

寛文3年(1663)、幡多郡内の川筋大洪水。上山之中、山中十ヶ村、大通村(大用村か)、洪水による被害で、百姓はくたびれ申す。(「野中兼山関係文書」によ... 続きを読む

寛文元年の洪水

寛文元年(1661)8月20日、山内家史料に「大水出申し候。小者町へは水押し込み申し候へども升形の堤築き留め申し候に付侍町へ入り申さず候」とあり、上流... 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)、前代未聞の洪水により、田畑、百姓屋敷が大破、流失。(「不鳴条」による) 続きを読む

寛文11年の洪水

寛文11年(1671)9月8日夜、関屋川が立石へ切れ込み、前年堀上げ地に砂入りし、堤防を付け替えた。その時、水道を直ちに釜ノ口に付け、石経村の田地4反... 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)8月4日、洪水により、死者37人、流失家屋2,037戸。(四万十川の主な洪水の歴史による) 続きを読む