宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
徳島県海陽町(宍喰町)
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、地震と津波により宍喰浦は大きな被害を受けた。田井税伯「震潮記」によると、「巳の下刻大地震にて、よわき家土蔵崩れ、つよき家土蔵とも壁落ち、鴨居はなれ、衆人周章し、愛宕山へ逃げ上った。その時地さけ水湧出で、川水井水など増し、しばらくして川泉残らず引かわき、海底はるかに干潟となり、それより大潮未の刻ばかりに矢を射るごとく来り、浦中家蔵流失し、溺死人男女11人浦中漁具残らず流失」などと記されている。
地理院地図
Googleマップ
備考
愛宕山は現在も津波避難場所になっている。
「震潮記」については、田井家の子孫の妻・田井晴代氏によって平成18年に現代語訳が出版された。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宍喰町教育委員会編「宍喰町誌 上巻」(宍喰町教育委員会、1986年)、187-188頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 田井税伯 震潮記 死者
NO.
徳島120

よく似た災害

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日午前11時、大地震により、弱い家や土蔵は崩れ、強い家や土蔵の壁は落ち、鴨居は離れて、人々は愛宕山に逃げ上った。地は裂け、... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、地震、九州南東岸より伊豆まで津波。土佐では津波高20m余り、土佐西南部は所々陥没、南東部は隆起。(「理科年表」による)... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、地震、九州南東岸より伊豆まで津波。土佐では津波高20m余り、土佐西南部は所々陥没、南東部は隆起。(「理科年表」による)... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震により、海部郡に海嘯が来襲した。宍喰浦旧記によると、10月4日巳下刻に大地震があり、人々が愛宕山に逃げ上っていると... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日未刻(午後2時)、大地震が起こり、その後津波が襲来した。浅川の観音庵前の「宝永ノ津波」碑には、高さ3丈余(約9m)の津波... 続きを読む