大正元年の台風

災害年月日
1912年09月00日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月、大型台風が県の東部海岸をかすめて北上した。22日の雨量は大正300ミリ、梼原328ミリ、中村225ミリ、20日~23日の雨量は大正526ミリ、梼原471ミリ、中村431ミリとなった。被害は道路堤防の破損、家屋の全壊・流失7戸、半壊10戸に及んだ。(「中村町史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局中村工事事務所編「六十年の歩み」(四国建設弘済会、1991年)、45頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 洪水 中村町史
NO.
高知4911

よく似た災害

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日夜中に、台風が県の東部海岸をかすめて北上した。22日の雨量は大正300ミリ、梼原328ミリ、中村225ミリで、20日~2... 続きを読む

明治40年の台風

明治40年(1907)9月、台風により、明治23年(1890)以来の洪水となった。中村町の高地にある京町、中ノ町、市ノ辻辺りまで床下浸水。(「中村町風... 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月、台風により、梼原付近で6日~8日の各日200ミリ以上の降雨があり、総雨量は900ミリを越すほどで、風雨害が強かった。6日~8... 続きを読む

明治33年の台風

明治33年(1900)8月24日、低速の雨台風が襲来した。23日の雨量は大正250ミリ、梼原399ミリ、21日~25日の雨量は大正605ミリ、梼原79... 続きを読む

明治33年の台風

明治33年(1900)8月、低速の雨台風が襲来した。23日の雨量は大正250ミリ、梼原399ミリ、21日~25日の雨量は大正605ミリ、梼原799ミリ... 続きを読む