慶長9年の地震

災害年月日
1605年00月00日
市町村
高知県室戸市
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)、M7.9の地震。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
前杢英明「室戸半島の完新世地殻変動」(日本地理学会編「地理学評論ser.AVol.61-10」、1988年)、765頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
慶長地震
NO.
高知5091

よく似た災害

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、地震により土佐甲ノ浦、崎浜、室戸岬等で死者800人以上。(「日本の地震活動」による) 続きを読む

慶長19年の地震

慶長19年(1614)10月25日、M7.7の地震により、道後温泉の湧出止まる。 続きを読む

慶長2年の地震

慶長2年(1597)、M6.9の地震により、別府で死者40人。この地域でも震害があった。(「愛媛県気象史料」、「愛媛県土地保全資料」等による) 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)、南海大地震により、高知城下の地盤の沈下量は推定0~1m弱であった。 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)の地震により、鞆浦で波高10丈(約30m)の津波があったという記録が残っている。 続きを読む