明治32年8月の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
高知県中土佐町
災害種類
風水害  火災  
概要
明治32年(1899)8月28日午後6時、大暴風雨により、家屋数戸、仮校舎一棟が倒壊し、その上火災も加わった。また、農作物の被害も甚だしかった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
久礼尋常高等小学校編「久礼読本」(久礼尋常高等小学校、1939年)、147頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 火災
NO.
高知5100

よく似た災害

明治44年6月の台風

明治44年(1911)6月19日、暴風雨により農作物、特に桃、りんごの落果が甚だしかった。 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)6月19日、暴風雨。農作物特に桃、リンゴの落果が甚だしかった。 続きを読む

明治18年の台風

明治18年(1885)7月5日、暴風雨。特に風害が大きく、軒並み家屋被害を受け、倒壊、屋根破損。農作物の風害も甚大であった。 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)8月20日午後7時頃から暴風雨となり、翌21日にはますますその度を加え、22日に最も甚だしくなり、被害も多かった。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月から7月13日まで60日間照り続け、再び天気固定し、9月1日まで照ったため、農作物の被害が甚だしかった。 続きを読む