明治25年の洪水

災害年月日
1892年07月24日
市町村
高知県南国市
災害種類
風水害  
概要
明治25年(1892)7月24日、大降雨あり、三嶋村物部中須の堤防決壊して、北島の東端を南流し二派に分かれ、一つは秋田川を本流とし、一つは西流して北は本村村役場を限り南浜分字境目橋詰北側の岸5尺ばかり浸水し西流して琴平山東麓に至り、再び逆流して秋田川尻に合わせしも、切戸を決壊せず、東流して物部川尻に至り海に注ぐ。当時の水流迂回せしため滞水ほとんど一週の日子を要し、人畜の害なるも水稲の害多大なり、本村の収穫平均5分作なりき。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
濱田善一著「前濱村誌」(濱田善一、1914年)、75頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 物部川 堤防決壊
NO.
高知5112

よく似た災害

文化12年の洪水

文化12年(1815)7月6日より暴風雨うち続き、8日に至り物部川山田堰以南両岸の堤塘はほとんど全部決壊して、小田嶋以南はもちろん、西は五台山、東は吉... 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)9月10日の洪水により、物部川の堤防が西岸の竹が端で300間、東岸の仁尾島で150間決壊した。濁流は、西岸では立田、田村、物部、... 続きを読む

明治25年の洪水

明治25年(1892)7月26日、洪水により、物部川の右岸堤防3丁決壊、家屋流出3戸、死者1人、原野・畑の流失合計数十町歩。(物部川の主な洪水の歴史に... 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)8月21日、9月10日、17日、24日と連続的な暴風雨により、物部川の西岸竹ヶ端堤防約100間、東岸仁尾島堤防約150間が決壊し... 続きを読む

明治21年の洪水

明治21年(1888)9月11日、昨夜来の大雨で横川(横河原)の堤防が破損し、田窪村の東南に水が襲来したため、人々は水防に当たった。樋口村の字百軒と称... 続きを読む