安政元年の地震

災害年月日
1854年11月04日
市町村
徳島県美波町(日和佐町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日、5日に大地震が発生した。山河内字大越の志茂田家の文書によると、4日午前10時頃に地震が起こり、1時間ほどで静かになったが、翌日夕方、大地震が起こり、家の棟が地につくかと思うほど揺れた。あとで聞けば、津波が来て、北河内村と日和佐村の境の宝木まで漁船が3、4隻、大阪通いの回船2隻が流された。郡代の高木真蔵は牟岐・浅川・鞆浦方面で地震・津波の調査を行い、後世に残すために石に彫った。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
日和佐町史編纂委員会編「日和佐町史」(日和佐町、1984年)、891-892頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 津波 志茂田家の文書 高木真蔵
NO.
徳島144

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時頃)、地震が起こったが、小さいものであった。翌5日7ツの中刻(午後4時)、大地震が起こり、津波が襲来した。... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時頃)、地震が起こったが、小さいものであった。翌5日7ツの中刻(午後4時)、大地震が起こり、津波が襲来した。... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日午前11時大地震が起こり、津波が7、8度押しよせたが人家までは来なかった。翌5日午後5時頃、未曾有の大地震が発生し、山崩... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日、5日に地震が発生し、その後翌年1月まで余震が続いた。野根浦大庄屋安岡家に伝わる「嘉永七年十一月四日寅大変日記覚」には、... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝から7日まで大地震が起こり、野宿で生活する農民にいたが、家の屋根や壁などに損傷があった程度で、それほど大きな被害は出な... 続きを読む