昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県海陽町(海南町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分地震が発生し、その十数分後に津波の第一波が押し寄せ、さらに十数分間隔で第二波、第三波が襲来した。典型的なV字湾である浅川湾では壊滅的な被害を受け、「徳島県災異誌」によると、浅川の被害は死者85人、負傷者80人、家屋の流失185戸、全壊161戸、半壊169戸、床上浸水85戸、船舶流失80隻、田畑流失62町歩などであった。なお、鞆奥町と川東村ではほとんど被害が出ていない。
地理院地図
Googleマップ
備考
浅川観音堂石段には、安政南海地震と昭和南海地震の時の津波襲来地点を示す石標が建立されている。また、津波最高潮位碑が伊勢田忠魂碑下、天神社前、大歳神社前に建立されている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
海南町史編さん委員会編「海南町史 上巻」(海南町、1995年)、977-995頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 津波 浅川 死者 徳島県災異誌
NO.
徳島147

よく似た災害

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、紀伊半島沖でM8.1の南海道大地震が発生した。浅川では地震発生後十数分しかたたないうちに、大津波が襲... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分に大地震、その10分余の後に津波が襲来した。この南海大地震は、過去浅川村を襲った地震の中でも最大のもの... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、紀伊半島南西沖を震源とする南海大地震が発生した。地震後10分余で津波の第一波が襲来し、15分~20分... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日早朝、南海大地震が起こった。被害は死者212人、負傷者665人、家屋の流失・全半壊3,892戸、浸水1,315戸、道... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、南海地震及び津波により、浅川地区の被害は家屋の流失441戸、全壊364戸、半壊189戸、浸水65戸、県道流失1,5... 続きを読む