昭和45年4月の風雨

災害年月日
1970年04月24日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和45年(1970)4月24日、低気圧が四国の南岸沖を通過したため、高知県下の大部分で100ミリ以上の雨量を記録し、200ミリを越した所もあった。また、高知県中部では15m/秒以上の風を観測し、県中部で風と雨による被害が出た。被害は住家の半壊2棟、床下浸水33棟、土木被害5,087万円余、農林被害2億516万円、文教施設被害595万円余であった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「台風10号の記録(付、昭和45年災害記録)」(高知県、発行年不明)、180頁及び201-210頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
風雨 低気圧
NO.
高知5158

よく似た災害

昭和45年5月の風雨

昭和45年(1970)5月2日~7日、低気圧による降雨のため、特に室戸岬南東側と須崎から足摺岬に至る海岸部で降水量が多かった。被害は住家の全壊1棟、床... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日~13日まで6日間にわたって、台風17号により、高知県の中部と東部では強い雨が連続的に降った。この期間の総雨量は県中部の... 続きを読む

平成16年の台風21号

平成16年(2004)9月25日から30日にかけて、台風21号により、四国地方では500ミリ以上の豪雨となった。高知県下の被害は床下浸水3棟、被害額1... 続きを読む

昭和45年7月の大雨

昭和45年(1970)7月8日、梅雨前線上を低気圧が通過し、県中部で豪雨となった。須崎市の雨量は276ミリに達し、床下浸水10戸の被害が出た。 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)7月~8月、台風10号により、高知県中部で土砂災害が発生した。 続きを読む