昭和45年の台風10号

災害年月日
1970年08月21日
市町村
高知県
災害種類
風水害  高潮  
概要
昭和45年(1970)8月21日8時過ぎ、台風10号が佐賀町付近に上陸し、松山市付近から瀬戸内海に入り、呉市付近を通り、松江市付近から日本海に抜けた。最大風速は室戸岬で東51.7m/秒を記録した。雨量は県の東部・中部の山間部では500ミリを超えた。また、台風の接近と満潮時が重なったため、高知市付近では異常な潮位の上昇があり、桂浜の潮位は423cmでスケール・アウトした。被害は死者12人、行方不明1人、重傷者61人、軽傷者504人、住家の全壊1,134棟、半壊17,625棟、床上浸水5,363棟等に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県災害対策本部厚生部編「台風10号による災害救助の記録」(高知県災害対策本部厚生部、1971年)、1-16頁及び47-48頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 高潮 死者
NO.
高知5159

よく似た災害

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日8時過ぎ、台風10号が佐賀町付近に上陸し、松山市付近から瀬戸内海に入り、呉市付近を通り、松江市付近から日本海に抜けた。... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日8時、台風10号は佐賀町付近に上陸した後、松山市、呉市付近を通り、松江市付近から日本海に抜けた。県下では午前5時頃から... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日午前8時過ぎ、台風10号は佐賀町と大方町の町堺付近に上陸し、梼原を経て、島根県太田市付近から日本海に抜けた。須崎地域で... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日8時過ぎ、台風10号が佐賀町付近に上陸し、四国、中国を横断して、15時には島根県太田市付近から日本海に出た。仁淀川は氾... 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月9日12時、台風9号が大分県佐伯市付近に上陸した。上陸時の最低気圧は965mb、最大風速は45m、満潮時の最高水面は0.76... 続きを読む