安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県海陽町(海南町)
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月4日、M8.4地震、津波。(「宿命の浅川港」による)なお、この年の11月27日に、嘉永から安政に改元されたため、嘉永7年の地震は通常、安政地震と呼ばれる。 浅川天神社境内にある安政地震の碑には、11月4日午前8時頃地震が起こり、10時頃には汐が狂ったように道路まで打ち込んできたので、人々が山上に逃げ登ったこと、翌5日午後4時頃大地震が起こり、その後高さ9m程の大波が射った矢のような早さで打ち寄せ、その夜は大汐が何度も襲ってきたことなどが記されている。
地理院地図
Googleマップ
備考
浅川の天神社境内には、安政地震の碑が建立されている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
海南町史編さん委員会編「海南町史 下巻」(海南町、1995年)、449頁及び525-526頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 津波 宿命の浅川港 天神社
NO.
徳島155

よく似た災害

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日、5日に地震が発生し、その後翌年1月まで余震が続いた。野根浦大庄屋安岡家に伝わる「嘉永七年十一月四日寅大変日記覚」には、... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日午前9時頃、大地震が起こり、翌5日夜明けまで地震が5、6度に及んだ。5日8時頃大震、12月にも強震がった。人々は竹藪の中... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時頃)、地震が起こったが、小さいものであった。翌5日7ツの中刻(午後4時)、大地震が起こり、津波が襲来した。... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時頃)、地震が起こったが、小さいものであった。翌5日7ツの中刻(午後4時)、大地震が起こり、津波が襲来した。... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日午前9時頃、遠州灘を震源とするM8.4の大地震が起こり、大津波が房総から高知沿岸に襲来した。この地震から32時間後の5日... 続きを読む