万延元年の水害

災害年月日
1860年06月08日
市町村
高知県高知市
災害種類
風水害  
概要
万延元年(1860)4月19日、大雨により、上町が浸水。真覚寺日記には「夜に入り大雨ますます激しくわずかの間に街市川をなす深きこと1尺余、川を渡るが如く下駄にて水を蹴立て戻る」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
間城龍男著「高知城下町の水防と洪水」(間城龍男、2006年)、50頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
大雨 上町 真覚寺日記
NO.
高知5252

よく似た災害

万延元年4月の大雨

万延元年(1860)4月8日、大雨、夜中風添い雨ますます甚だしい。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む

万延元年の高潮

万延元年(1860)7月28日、北谷繁蔵記録によると「浪高で海辺はことのほか大痛み」と記され、高潮が襲来したらしい。このため、橘や鵠の土手が残らず崩れ... 続きを読む

万延元年の竜巻

image

万延元年(1860)6月10日、竜巻。真覚寺日記には「五ツ(8時)頃より大風雨、樹木の動揺する声夥しく誠に恐ろし、四ツ(10時)頃萩の海にて竜水を取る... 続きを読む

元治元年の水害

元治元年(1864)3月19日、大雨により、上町が浸水。真覚寺日記には「益々大雨、町中川の如くにして歩行でき難し」と記されている。 続きを読む

万延元年の風雨

image

万延元年(1860)4月8日、風雨。「真覚寺日記」には「7日陰天、5ツ半(9時)頃より又雨、8つ時(14時)より大雨塊を穿つ」と記されている。 続きを読む