昭和21年の台風

災害年月日
1946年07月29日
市町村
高知県幡多郡
災害種類
風水害  
概要
昭和21年(1946)7月29日、台風により、特に幡多郡で水害。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
西川泰編著「日本の災害」(四国新聞社、1972年)、頁なし
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 水害 幡多郡
NO.
高知5275

よく似た災害

大正9年の台風

大正9年(1920)8月15日、台風、被害は幡多に多い。8月の須崎の降雨は700~1,000ミリ。台風が足摺岬に上陸した。特に幡多郡では、死者187人... 続きを読む

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日、中級台風により、足摺の風速21.7m、総雨量247ミリの暴風雨となる。幡多郡では昭和10年以来の大洪水となり、中村で... 続きを読む

文化12年の洪水

文化12年(1815)8月、風雨、洪水。幡多郡で死人1人、損田2,939石余、堰切崩22,050軒余、流家12軒。(水害史による) 続きを読む

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日、台風により、雨量は須崎で300ミリ、東津野で716ミリ、梼原で612ミリ、大野見で533ミリとなった。幡多郡では昭和... 続きを読む

文化12年の洪水

文化12年(1815)7月より8月までの風雨洪水により、幡多郡では死者1人、損田2,934石余、堤切崩22,050間余、流家12軒。(「中村町風水害史... 続きを読む