宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
徳島県吉野川市(鴨島町)
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、紀州沖大地震、日本古来最大の地震で、死者多し。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鴨島町教育委員会編「鴨島町誌」(鴨島町教育委員会、1964年)、897頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 死者
NO.
徳島161

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、紀州沖大地震、津波により、潰家、溺死人多し。(「阿波志」による)(ただし、半田町では地震により大きな被害を受けたという... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、紀州沖大地震による津波のため、牟岐、浅川で250人が流死したほか、徳島の城下でも士族屋敷や民家が倒れ、多数の死傷者が出... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、地震が起こり、翌朝まで10回余りの大津波が寄せ、町辺の家は非常な被害を受けた。日本で記録された最大の地震である。 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、日本の記録以来最大の大地震が起こった。佐喜浜には、「暁印の置文」に後人が書き添えした文面が残っている。これによると、家... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、紀伊沖大地震により、徳島城下で地裂、人家倒れ死傷多し、士民を救恤す。(六国史、類聚国史、蜂須賀家記等による) 続きを読む