昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年00月00日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
地震・津波  火災  
概要
昭和21年(1946)の南海地震で、中村市では地震後の火災により、倒壊した家屋等の下敷きになるなどして多くの人が焼死した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
和田一範・松尾裕治・山本基・武田由美子「四国に伝わる災害の教訓に関する考察」(土木学会土木史研究委員会編「土木史研究講演集Vol.27」2007年)、306頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
昭和南海地震 火災 死者
NO.
高知5295

よく似た災害

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月5日の地震により、郡中町で怪我人40人、人死20人。(「兵藤家文書」による)/郡中3町(灘町、湊町、三島町)のうち湊町だけで... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日7ツ時(午後4時頃)及び7日4ツ時(午前10時頃)に、大地震があった。大地震で倒壊した家の下敷きになるなどして8人が死亡... 続きを読む

嘉永5年の大風

嘉永5年(1852)8月22日、大風により大林で家屋が倒壊し、昼飯を炊いていた主婦が下敷きになり、焼死した。 続きを読む

昭和29年の突風

昭和29年(1954)9月14日午前4時頃、住宅が倒壊し、下敷きになった1人が圧死した。 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号により、斗賀野の酪農家が搾乳出荷の帰りに飛んできた家屋の下敷きになって死亡した。 続きを読む