寛弘6年の洪水

災害年月日
1009年00月00日
市町村
高知県四万十川流域
災害種類
風水害  
概要
寛弘6年(1009)、四万十川で洪水。この洪水の時頃、佐田付近の四万十川の流れは漸次西に移って佐田西山麓に水勢が傾き、その反動によって水流は左折し、入田の佐田ノ原から東流して中村側の山麓を経て不破に流れるようになり、大体現在の形になったと言われている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
国土交通省四国地方整備局・国土交通省国土地理院編「川と人との歴史ものがたり」(国土交通省四国地方整備局・国土交通省国土地理院、2003年)、87頁及び90頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 四万十川
NO.
高知5365

よく似た災害

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)8月4日、洪水により、死者37人、流失家屋2,037戸。(四万十川の主な洪水の歴史による) 続きを読む

昭和10年の洪水

昭和10年(1935)8月27日、大雨となり、夕方に至り風雨ともに激しく、両川(四万十川、後川)が次第に氾濫して交通は途絶した。28日には増水はますま... 続きを読む

寛政4年の水害

寛政4年(1792)、四万十川の水害のため、11人が犠牲になった。 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)8月26日~28日、洪水氾濫。(四万十川の主な洪水の歴史による) 続きを読む

享保7年の洪水

享保7年(1722)8月4日、洪水氾濫(丑寅の洪水)。(四万十川の主な洪水の歴史による) 続きを読む