昭和25年の洪水

災害年月日
1950年08月00日
市町村
徳島県阿波市(阿波町)
災害種類
風水害  
概要
昭和25年(1950)8月、大洪水により完成後の岩津築堤も1mを余すばかりであった。西林役付近で決壊の恐れがあったため、役場の畳まで持ち出して防止したが、県道上は越を没する漏水で、避難にも迷惑し、住宅も浸水する状況であった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
林町誌編集委員会編「林町誌」(林町、1955年)、563頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 岩津築堤 畳
NO.
徳島1607

よく似た災害

昭和17年の水害

昭和17年(1942)9月21日、22日の雨により、県道上で5尺浸水したが、冠水した稲が倒伏した程度であった。 続きを読む

昭和3年8月18日の水害

昭和3年(1928)8月18日、17日から降り出した雨により、水位は桑村中須の県道上で5尺となり、床上浸水家屋は30戸に達した。桑葉は摘桑した直後で被... 続きを読む

昭和3年8月18日の大雨

昭和3年(1928)8月18日、17日から降り出した雨により、水位は桑村中須の県道上で5尺となり、床上浸水家屋は30戸に達した。当時桑村では桑園が多か... 続きを読む

昭和61年7月10日の山崩れ

昭和61年(1986)7月5日から10日まで、梅雨前線が停滞して雨が降り続いた。総降水量は宍喰で106ミリであった。降水量はそれ程多くはないが、地盤の... 続きを読む

昭和61年7月10日の山崩れ

昭和61年(1986)7月5日から10日まで、梅雨前線が停滞して雨が降り続いた。総降水量は宍喰で106ミリであった。降水量はそれ程多くはないが、地盤の... 続きを読む