大正7年8月の洪水

災害年月日
1918年08月29日
市町村
徳島県那賀町(鷲敷町)
災害種類
風水害  
概要
大正7年(1918)8月29日、30日、大正7年の大水と言われる大洪水があった。浸水家屋341戸、避難した家10戸、流出家屋17戸、倒壊家屋6戸。 和食郷西在庵境内には、大正7年の大水に際して多くの人命を救助した岩端利三郎の墓がある。その墓には、那賀川の大洪水により鷲敷町内浸水し、避難の途を失い溺死せんとした者数十名を救助した功績により知事から感状を賜うと書かれている。
地理院地図
Googleマップ
備考
和食郷西在庵境内には、大正7年の大水に際して多くの人命を救助した岩端利三郎の墓がある。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鷲敷町誌編纂委員会編「鷲敷町史」(鷲敷町、1981年)、677-679頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 和食 岩端利三郎
NO.
徳島1624

よく似た災害

大正2年の洪水

大正2年(1913)、前代未聞の大洪水により、田畑の流失135町歩、家屋の流失・埋没27戸。 「一本松小学校沿革史」には以下のように記されている。「大... 続きを読む

大正7年の洪水

大正7年(1918)、大洪水により、土器川の沿川一帯が激甚な災害に見舞われた。大正元年及び大正7年の洪水を契機に、香川県が河川改修に着手した。 続きを読む

大正9年の洪水

大正9年(1920)7月29日、大洪水により、田畑の流失68町歩、死者1人。 当時小学校3年生の洪水体験記が「加州幸吉手記」に残されている。大正2年の... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日午後3時頃から降り出した雨は、22日午前6時頃には激しくなり、川々は増水を始めた。23日正午には吉野川の増水24尺2寸と... 続きを読む

明和2年8月の洪水

明和2年(1765)8月2日、風雨、洪水により、河川氾濫し、農作物に被害大。119,628石余減収。この年の大水を「酉の年の大水」という。(「徳島県災... 続きを読む