明治35年の火災

災害年月日
1902年01月16日
市町村
徳島県那賀町(鷲敷町)
災害種類
火災  
概要
明治35年(1902)1月16日、小仁宇で大火災があり、14戸が全焼した。昼間の火事だったので、人畜に被害はなかったが、損害は甚大であった。しかし、各方面からの温かい援助と罹災者の復興意欲により、2、3年で全戸瓦葺の居宅が建築された。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
鷲敷町誌編纂委員会編「鷲敷町史」(鷲敷町、1981年)、680頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 小仁宇
NO.
徳島1625

よく似た災害

明治45年の火災

明治45年(1912)4月、久万住安町で火災、警察署その他23戸全焼、罹災者76人。 続きを読む

明治45年の火災

明治45年(1912)4月、久万住安町で火災、警察署その他23戸全焼、罹災者76人。 続きを読む

昭和27年の火災

昭和27年(1952)1月25日夜半、本町3丁目から出火、北町、梅之巷に延焼。36世帯、207人の罹災者を出した。 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日から23日にかけての暴風雨により出水し、被害は死者1人、家屋等の全壊7棟、流失1棟、半壊とひどい破損8棟、道路の流失4箇... 続きを読む

昭和27年の火災

昭和27年(1952)1月25日夜半、本町3丁目から出火、北町、梅之巷に延焼し、36世帯、207人の罹災者を出した。(西条市自然災害年表による) 続きを読む