昭和49年の台風18号

災害年月日
1974年09月09日
市町村
徳島県阿波市(阿波町)
災害種類
風水害  
概要
昭和49年(1974)9月9日11時前、台風18号による洪水のため、日開谷川にかかる日開谷橋(全長170m、幅5.5m)の中央部で、脚がくずれ橋が「く」の字形に陥没して通行不能となった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
阿波町史編纂委員会編「阿波町史」(阿波町、1979年)、89頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 日開谷川 日開谷橋
NO.
徳島1635

よく似た災害

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月22日~23日の台風6号により、日開谷川の下喜来橋(全長195m、幅3.6m)が中央部で10mにわたって「く」の字形に落ちた... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月27日~8月30日、平地部では雨量少なく、干ばつとなった。八幡浜の降水量は6ミリ。干ばつで桑樹が枯死し、秋蚕、晩秋蚕は飼育不能... 続きを読む

昭和48年の台風6号

昭和48年(1973)7月25日から26日にかけて、台風6号は熊本県宇土半島に上陸し、その後豊後水道に抜け、熱帯低気圧になった。この影響で四国南西部で... 続きを読む

昭和29年7月18日の大雨

昭和29年(1954)7月18日~19日、県の中央部で大雨となった。被害は家屋全壊1戸、半壊2戸、床上浸水16戸、床下浸水215戸、堤防決壊3戸、道路... 続きを読む

昭和47年の洪水

昭和47年(1972)7月5日、洪水により、物部川にかかる香我美橋(土佐山田町神母木)の橋脚が洗われ、中央部が陥没して交通が途絶した。写真1枚。 続きを読む