明治18年の洪水

災害年月日
1885年06月00日
市町村
徳島県阿波市(市場町)
災害種類
風水害  
概要
明治18年(1885)6月、降雨打ち続き、吉野川洪水。この年、赤痢大流行。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大俣村誌編纂委員会編「大俣村誌」(大俣村、1955年)、442頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 吉野川
NO.
徳島1687

よく似た災害

明治22年の台風

明治22年(1889)、暴風雨。再び赤痢大流行。 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)6月、降雨が打ち続き、吉野川で洪水。 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)5月~6月、降雨打ち続き、吉野川、鮎喰川、勝浦川が大洪水。継起する洪水に対して、明治19年以降11か年計画で工費95万円を投じて... 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)5月、降雨打ち続き、大洪水を起こし、吹の清水(しみん)堂は崩壊し、谷べりの村道は埋没・流失し通行が途絶した。 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)6月、降雨打続き、吉野川水害。 続きを読む